カラーコンタクトの扱い

カラコンが普及しており、黒目を大きくしたり、色を変えたりと今ではオシャレの一貫として若い世代の間では当たり前に持っているアイテムです。 一昔前はカラーコンタクトに不安のある時代があり、雑貨という区分でした、雑貨区分なので、様々な粗悪品が流通し、付けた人が目の不調を訴えるなど問題になった時期もありましたが、医療機器としての扱いに変わって行く中で粗悪品が駆除されていき、今では医師で処方されるコンタクトレンズと同様の扱いになっています。 今普及してる中にも、若い世代に向けて、粗悪品を低価格で売ろうとする悪徳業者が存在しますが、大半のカラーコンタクトの性能は認められています。 やはり見た印象が変わるので、非常に効果的なオシャレとして普及しており、医療機器として製品に信頼感が増しましたが、扱いの悪さから起こるトラブルも多いので注意が必要です。 コンタクトレンズと同様に取扱い、保存が重要でレンズに傷がつきやすいので、使用しない時は保存液にしっかりと入れて、また保存する時にフタを閉める時にレンズがひっかかり欠損する事もあります、欠損したレンズを知らず知らずに目に入れてしまう事もあるので注意し、眼球に入れる時も爪を伸ばさないようにし、眼球に傷がつかないように配慮して使用したいですね。

カラーコンタクト嫌いな眼科医がいる

カラーコンタクトを買う時の注意点やポイントについて、自分の経験を元にいくつか書いてみます。 まずカラーコンタクトを買う際に、眼科まで行って買いたいことを相談するのが、一番安全な方法です。 しかしカラーコンタクト自体に嫌悪を抱いている医者が少なくないことに注意してください。 以前、カラーコンタクトをつけるとコンタクトの色彩部分が溶けて、目を刺激して失明するという話が一時、広まっていました。 そういった不衛生な印象が拭えずに、カラーコンタクトをつけるやつを蔑む医者がいることがあります。 不衛生なものを買いたくないから、眼科のものを紹介してほしいのにそういった医者によって不快な思いをして帰るハメになるかもしれないため、気を付けてください。 そういった医者に出くわしてしまった場合はとっとと帰るのが一番です。 私も友達がカラコンをつけているのを教えてもらい、可愛く見せるためにもオススメだと勧められました。 彼氏のためにもこっそりつけてみようかと、友達の買うまでの流れを教えてもらい、私も同じように眼科まで行きました。 そしてすごく迷惑そうな顔をされて、説教でもかましたがっているような応対しかしてくれなかったのです。 運が悪ければカラーコンタクトを買う際の、鬼門とも言えるかもしれません。眼科へ行く時は少し、気持ちを引き締めないといけないことを覚えておいてください。

子供向けヒーロー番組でカラーコンタクトを使わなくなった話

お茶の間の子どもたちに今も人気があるヒーロー番組は、最近では最新の科学技術の発達により、制作の舞台裏が結構変わってきている。カラーコンタクトの不使用もその一例である。
佐藤健と言う役者をご存じだろうか。今や若手の役者の中で、抜群の知名度と実力を誇る男優であるが、その彼がヒーロー番組のカラーコンタクト問題を解消してしまったことを知っている人はおそらくほとんどいないのではないだろうか。
彼はブレイクする以前、2007年にヒーロー番組「仮面ライダー電王」で一年間、主役を演じたのだが、彼はそこで多重人格者の役を演じることになった。問題は多重人格を子どもにもわかりやすく表現するために、人格ごとに目の色を変えるという演出方針がなされ、佐藤氏は人格を変えるごとに、異なる色のカラーコンタクトを付け替えて演技していた。ところが敏感な体質の佐藤氏にとっては想像以上のに負担だったらしく、コンタクトによって目に痛みを訴え、撮影がしばしば中断する事態に陥っていた。
急遽対処法を考えていた制作側を救ったのは21世紀になってから急速に発達したCGの進歩であった。ちょうどこの年から、目の色をCGで変えられる技術が使えるようになったからだ。このことにより、佐藤氏は目の痛みに悩まされることなく撮影を進められ、制作側も役者に必要以上の負担をかけさせる手間を省けるようになったのである。
現在、ヒーロー番組などで目の色が変わる描写は100%CGである。これは役者と制作者が共に負担をかけなくて済む非常に好ましい手法であり、その功労者が、俳優の佐藤健氏なのである。